クレジットカード

クレジットカードは1枚は持っておく必須アイテムとなっている現実

クレジットカードにも利用できる範囲が決められており、その金額以上利用することはできません。カードによって異なりますが、場合によっては10万円位しか枠が設けられていないことがあります。

 

これでは大きな買い物が出来ないので、増額ということを検討することになります。しかし簡単な方法で増額をすることは難しいです。

 

依頼をすれば審査をしてくれますが、最初に決められた金額を変更するのは早々簡単なことではありません。カード会社が信用しているかどうかが判断材料となり、思っていた以上に増額出来ないということが多いからです。特に使ってもいないのに増額してくれなんて依頼は、全くと言っていいほど認められることがありません。

 

そこで何回かカードを利用して、返済を行ってください。完済しているような状態にしなくても良いですが、完済しておいた方が信用されるようになります。こうした状況から、カード会社は増額しても良いと判断して、依頼していないのに増額されていることがあります。勿論自分から依頼を出して、増額に持ち込むことも可能です。

 

クレジットカードはショッピング枠も多くしておかなければなりませんので、枠が小さいと感じているようなら、利用して返済することを行った上で増枠を依頼してください。

続きを読む≫ 2014/12/12 19:22:12

クレジットカードは社会人になると1枚は必ず持つべきものです。それはやはり急な出費に備える必要があるからです。どんな仕事をしていても予期せぬ出費というものがついてきます。そんなときに常に現金で対応していたら苦しい思いをする一方です。そんなクレジットカードにもさまざまなメリットがあります。

 

ポイントがたまる

お店に行って買い物するとそのお店のポイントが貯まったりしますが、クレジットカードでも同じようなサービスがあります。そのポイントで商品が貰えたりと良いこと尽くしです。ポイントを貯めて希望の商品をもらっていきましょう。

 

支払いまでに猶予がある

先ほども述べましたが急な出費に備えることは大切です。その中でクレジットカードであればとりあえずその場を乗り越えることができ、支払日までのお金を準備すれざいいのです。猶予が延びるため、非常に楽になります。

 

無利子である

意外に勘違いされているのが支払の時の利子です。キャッシングとは違い、クレジットカードの場合は現金の代わりに払うようになるため利子はかかりません。使った分だけの金額を返済すればいいのです。

 

クレジットカードを持つことは本当にメリットがたくさんなのです。是非ともまだ持っていないという人は検討してみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2014/12/12 19:22:12