クレジットカード

クレジットカードは1枚は持っておく必須アイテムとなっている現実

最近、プロミスは頻繁にテレビCMを流していますので、今まで消費者金融で借入したことのない人でも、馴染み深い社名かもしれません。

 

プロミスはメガバンクの三井住友銀行のグループ企業で、歴史のある大手消費者金融です。結果的に初めての借入者に対しても非常に敷居を低くしており、また現在進行形で借入している人でも、他社消費者金融に比べて確実に上限金利が低く設定されています。

 

初めての借入対象者は数多くある契約方法でどの契約を選ぶべきか悩むかもしれません。というのもプロミスの契約方法は、来店契約、自動契約機の契約、郵送契約、web契約のいずれかを選ぶことができます。

 

もちろんすべての契約方法で公平に審査されますが、近くに店や自動契約機の設置がない人は、web契約を選ぶべきでしょう。なぜならweb契約はどこでも審査を受けることができ、また必要書類の提出も画像の送信だけで解決しますので、気楽に審査を受けることができます。

 

web契約の場合はカードは後日自宅に届きますが、振込融資にも対応しています。特に三井住友銀行の口座かジャパンネット銀行の口座を所持している人は、約10秒で365日24時間融資を受けることができますので、事前に開設しておくことをオススメします。

 

三井住友銀行では個人向けのカードローンサービスとなる三井住友銀行カードローンの借り入れができるようになっていますが、同じようにプロミスのカードローンもATMで利用が可能です。

続きを読む≫ 2016/03/08 00:22:08

ハイブリッドやクリーンディーゼル、話題のエコカーは装備が良いものの、プライスは一派的な車両と比較をすると、高めに設定されています。「新車を買いたい、けれども現金が無い」こんな方にも注目されているのが、カードローンの存在です。

 

カードローンは使用用途が決まっていないことも多く、「自動車の購入費」としても使うことが出来ます。

 

車の販売業者が運営しているローンもありますが、車にまつわる制約も多く、審査に時間がかかってしまう難点もあります。その点カードローンであれば、即日融資も可能な場合も多く安心して備えることができます。

 

「長い審査まで待てない、今すぐ購入したい」という方にもカードローンは向いています。また車の購入費を両親や知人から借りる、という方もなかにはいますが、一人の大人として、あまり周りに迷惑をかけたくない気持ちは強いと思います。余裕をもった返済プランを組めるのであれば、カードローンを利用する方がスマートなようです。

 

お金が無いから興味のある車に乗れないことは、人生にとって寂しいものです。限りある一度きりの人生だからこそ、思いきり自分通りの夢を描きたいものです。お金の「困った」には、カードローンが適切に対応をしてくれます。

 

金利面が不安な方も金利が低いソニー銀行カードローンであれば返済の負担を軽減できるため、余裕のある返済プランでお金が借りられます。

続きを読む≫ 2016/03/08 00:22:08

プロミスは三井住友銀行グループの消費者金融サービスです。プロミスの特徴としては、取引がインターネットで完結できる、即日の融資も可能、万が一のサポートを受けられるという点です。

 

まずインターネットで完結できるという点について説明します。プロミスに申し込みをし、審査が通り、契約を結んだ後、インターネット会員サービスに登録します。このサービスにログインをすることでキャッシングと返済を簡単な手続きで行うことができます(24時間利用できる)。

 

次に即日融資も可能という点についてです。プロミスは自動契約機やインターネット契約のどちらでも審査が早く終わるためスピーディーに契約を結べます。よりスムーズに契約を交わすために必要書類の準備をしておく必要があります。

 

必要書類は身分確認できるものが必要なので運転免許証やパスポートを用意しておきましょう。契約を完了したあとすぐに専用のATMで借り入れができ、または指定の口座に振込をしてもらうことも可能です。

 

最後に万が一のサポートについてです。実際に例をあげると、カードの紛失した場合やカードの暗証番号を忘れてしまった場合です。問題が発生した時はサポートセンターへの電話やプロミスのお店へ行くことで手厚いサポートを受けられるというものです。以上の3点がプロミスの特徴として挙げられます。

 

現金として困ったときにはクレジットカードよりもプロミスのようなカードローンが便利です。急な出費時にもプロミスなら早い融資で借りられるので、まずはネットで進めるプロミスの来店不要審査を受けてください。

続きを読む≫ 2016/03/08 00:22:08

クレジットカードにも利用できる範囲が決められており、その金額以上利用することはできません。カードによって異なりますが、場合によっては10万円位しか枠が設けられていないことがあります。

 

これでは大きな買い物が出来ないので、増額ということを検討することになります。しかし簡単な方法で増額をすることは難しいです。

 

依頼をすれば審査をしてくれますが、最初に決められた金額を変更するのは早々簡単なことではありません。カード会社が信用しているかどうかが判断材料となり、思っていた以上に増額出来ないということが多いからです。特に使ってもいないのに増額してくれなんて依頼は、全くと言っていいほど認められることがありません。

 

そこで何回かカードを利用して、返済を行ってください。完済しているような状態にしなくても良いですが、完済しておいた方が信用されるようになります。こうした状況から、カード会社は増額しても良いと判断して、依頼していないのに増額されていることがあります。勿論自分から依頼を出して、増額に持ち込むことも可能です。

 

クレジットカードはショッピング枠も多くしておかなければなりませんので、枠が小さいと感じているようなら、利用して返済することを行った上で増枠を依頼してください。

続きを読む≫ 2014/12/12 19:22:12

クレジットカードは社会人になると1枚は必ず持つべきものです。それはやはり急な出費に備える必要があるからです。どんな仕事をしていても予期せぬ出費というものがついてきます。そんなときに常に現金で対応していたら苦しい思いをする一方です。そんなクレジットカードにもさまざまなメリットがあります。

 

ポイントがたまる

お店に行って買い物するとそのお店のポイントが貯まったりしますが、クレジットカードでも同じようなサービスがあります。そのポイントで商品が貰えたりと良いこと尽くしです。ポイントを貯めて希望の商品をもらっていきましょう。

 

支払いまでに猶予がある

先ほども述べましたが急な出費に備えることは大切です。その中でクレジットカードであればとりあえずその場を乗り越えることができ、支払日までのお金を準備すれざいいのです。猶予が延びるため、非常に楽になります。

 

無利子である

意外に勘違いされているのが支払の時の利子です。キャッシングとは違い、クレジットカードの場合は現金の代わりに払うようになるため利子はかかりません。使った分だけの金額を返済すればいいのです。

 

クレジットカードを持つことは本当にメリットがたくさんなのです。是非ともまだ持っていないという人は検討してみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2014/12/12 19:22:12